スポーツ

板倉滉・森保・新潮が戦犯扱い?ダメ下手の声が多数!不調采配ミスとの声も?

スポンサーリンク



サッカー日本代表のアジアカップ2024年の結果はベスト8で幕を下ろしました。

先制点を前半で獲得したものの、後半はイランに攻め込まれる場面が多くみられ、同点で迎えた後半のアディショナルタイムで攻め込んだイラン選手にDF板倉がスライディング。

イラン選手の足に直撃してしまいファール判定。

イラン側のPKで追加点を獲られてしまい、日本は敗退となってしまいました。

この結果を受け納得のいかない日本サポーターは戦犯探しのSNS投稿が多く見られるようになりました。

戦犯として挙げられているのは・・・

  • 森保監督
  • 板倉滉
  • 週刊新潮

です。

ネット上の声と理由を探ってみました。

スポンサーリンク



2024アジアカップ準々決勝で日本敗退!

2024年のサッカーアジアカップにおいて日本は惜しくもベスト8で敗退する結果となりました。

過去に4回も優勝経験があるアジアカップだけに日本サポーターは今回の結果に納得がいかなかった人が多くみられました。

スポンサーリンク



イラン戦敗退の戦犯探しの声多数!

イラン戦の敗退の原因をSNS上では「戦犯探し」として多くの投稿が上がっております。

今回のアジアカップの敗退の戦犯は主に以下の3つの項目を挙げている人が多くみられました。

  • 森保監督の采配
  • 板倉滉の痛恨のミス
  • 週刊新潮の伊東純也の報道

それぞれにていきます。

スポンサーリンク



戦犯①:森保監督

森保監督の采配特に選手交代について不満が多くありました。

 

戦犯②:板倉滉

板倉の最終局面でのファウルに対して「戦犯」扱いする声も多くみられました。

戦犯③:週刊新潮

伊東純也選手のスキャンダルをアジアカップ開催中に記事を発売して、伊東純也を代表辞任まで追い込んだ週刊新潮と告発した女性に対しても、不満の声が多く上がりました。

スポンサーリンク



板倉滉にダメ・下手の声

板倉滉選手には、ダメ、下手との多くの批判が集まってしまいました。

しかし、誹謗中傷は罪となりますので慎みましょう。

スポンサーリンク



板倉滉養護の声も多数あり!

板倉選手を擁護する投稿も多くみられました。

過去の活躍にも華々しい活躍をみせている板倉選手、今後のプレーにも注目があつまります。